PR

SUSE、「SUSE Linux Enterprise 15」「SUSE Manager 3.2」「SUSE Linux Enterprise High Performance Computing 15」の提供を開始

2018年7月8日(日)

SUSEは3月26日、「SUSE Linux Enterprise 15」「SUSE Manager 3.2」「SUSE Linux Enterprise High Performance Computing 15」の提供を開始した。

 「SUSE Linux Enterprise 15」は、マルチモーダルITを簡素化することにより、ビジネスクリティカルなワークロードを導入・移行しやすくする。また、開発者向け無償サブスクリプションやコミュニティLinuxから、フルサポートのエンタープライズLinux本番環境への移行も支援する。

 「SUSE Manager 3.2」ではIoTやクラウド,コンテナインフラ全体にわたる大規模な導入に対する管理を行う。「SUSE Linux Enterprise High Performance Computing 15」は、ワークロードとクラスタ管理を含む並列コンピューティング環境向けのサポートツール。HPCインフラなどでのAIや機械学習などによる高度な分析に活用される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
製品情報

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック