PR

Cライブラリglibcの最新版、「glibc 2.28」リリース

2018年8月9日(木)

GNU Projectは8月1日(現地時間)、UNIX系OSなどで広く利用されているCライブラリであるGNU C library(glibc)の最新版、「glibc 2.16」のリリースを発表した。glibcは、C言語で記述されたプログラムで利用される関数のフリーなライブラリであり、Linuxでは事実上の標準実装となっている。

「glibc 2.28」では、Intelのセキュリティ機能「Intel CET(Intel Control-flow Enforcement Technology)」をサポートしたほか、Unicode 11.0にも対応するなど、数多く強化・修正が施されている。

「glibc 2.28」のソースコードは、GNU ProjectのWebサイトからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
GNU C library(glibc)
ニュースリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック