PR

キヤノンITS、マルチプロトコルEDIサーバ「EDI-Master B2B Gateway Ver1.3」を販売開始、Linux版を追加

2018年9月4日(火)

キヤノンITソリューションズは 9月4日、複数のプロトコルに対応するマルチプロトコルEDIサーバ「EDI-Master B2B Gateway Ver1.3」を発売開始した。

「EDI-Masterシリーズ」は、小規模クライアント用途から大規模のサーバ用途まで対応可能なEDIソフトウエア製品群。「EDI-Master B2B Gateway」は、企業間EDIで多く利用されている複数のEDIプロトコルを1システムに統合し、取引先の拡大や既存EDIシステムの拡張に柔軟に対応できるEDIサーバ製品。「EDI-Master B2B Gateway Ver1.3」では、EDI-Masterシリーズの強みである、使いやすさと高い相互接続性を継承しつつ、既存製品では未対応であったLinux環境におけるインターネットEDI通信手順への対応を実現した。

「EDI-Master B2B Gateway Ver1.3」では、Linux環境(Red Hat Enterprise Linux)に新たに対応し、UNIXからLinuxへのマイグレーション対応や、堅牢なシステム構築、クラウド環境における稼働など、より幅広いニーズに応えることが可能になる。

標準価格は、Windows版(4回線)が50万円~、Linux版(4回線)が150万円~(いずれも税別)。キヤノンITSでは、今後、EDI-Master B2B Gateway以外のEDIソリューションについてもLinuxへの対応を進めていくとしている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック