PR

エンカレッジ、内外のセキュリティ脅威からシステムを守る特権ID管理ソフトウェア「ESS AdminControl 1.6」販売開始

2018年9月6日(木)

 エンカレッジ・テクノロジは8月31日、内外のセキュリティ脅威から重要システムを守る特権ID管理ソフトウェア「ESS AdminControl 1.6」を販売開始すると発表した。

 「ESS AdminControl」は、Windows、Linux、UNIX、データベースなどの特権IDについて、申請・承認ベースの貸与、ログ収集&申請との突合による不正使用検出、定期パスワード変更などの管理を自動化・省力化するソフトウェア。これまでに金融機関、情報通信、クレジットカード取扱事業者、上場企業などのIT統制、システムリスク対策などに採用実績がある。

 「ESS AdminControl 1.6」では、サーバ自身の稼働環境をWindows Server 2016に刷新したほか、新しく管理対象としてOracle Linux 5/6/7、CentOS 6/7、AIX 7.2、Microsoft SQL Server 2014/2016、仮想基盤VMware vSphere Hypervisor(ESXi) 6.0/6.5/6.7が追加された。仮想基盤については管理者アカウントについて申請承認ベースの貸与、パスワードの定期変更などが可能になっている。

 参考価格は、最小構成で300万円から(管理対象ノード15台の場合)。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック