PR

Linuxディストリビューション「Mageia 6.1」リリース

2018年10月10日(水)

Mageia communityは10月5日(現地時間)、Linuxディストリビューション「Mageia 6.1」をリリースした。

「Mageia」は、Mandrivaの流れを汲んだディストリビューション。日本語を含む多数の言語をサポートしている。

「Mageia 6.1」は、デスクトップ環境にXfce 4.12、GNOME 3.24.3、Plasma 5.12.2が採用されたほか、カーネルはLinux 4.14.70(LTS)となっている。また、ブートローダがGRUB 2に変更になった。

配布ディストリビューションは32bitと64bitに対応しており、ISOイメージはWebサイトから無償で入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る