PR

NTTデータ、ジェイ・クリエイションと協業、開発言語COBOLをJavaに変換しシステム基盤集約・クラウド移行を実現

2018年10月15日(月)

NTTデータは10月11日、ジェイ・クリエイションと既存システムの基盤集約・クラウド移行を実現するアプリケーション移行サービスを提供するため協業開始することで合意したと発表した。

これまで企業が保有するIT資産は、COBOLやJavaなどの開発言語が混在することにより、システム基盤ごとに運用管理者の確保が必要など、コスト面での課題があった。また近年では、デジタル化が進むにつれて、システムの基盤集約やクラウド移行するニーズが高まっている。NTTデータは、開発言語として広く利用されているCOBOLをJavaに変換することで、システム基盤集約やクラウド移行を実現するサービスの提供を開始する。

今回、NTTデータとジェイ・クリエイションの協業により、ジェイ・クリエイションが提供する、COBOLをJavaに変換することが可能な移行サービス「VENUS」をNTTデータが提供するアプリケーション・フレームワーク「TERASOLUNA フレームワーク」上に組み込むことを実現している。また、NTTデータのシステム基盤構築のノウハウやオフショア体制を活用し、さらなるビジネス展開を図っていくとしている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック