PR

JPCERT/CC、インターネット定点観測にてTCP 445番ポートへのアクセス増加を確認

2018年10月23日(火)

JPCERT/CCは10月18日(米国時間)、「インターネット定点観測レポート(2018年 7~9月)」を発表した。

JPCERT/CCは、このレポートの中で、2018年8月12日以降にTCPの445番ポート(microsoft-ds)へのアクセス増加が観測されたとしている。この現象は、日本だけでなく世界的に観測された現象であり、2017年5月以降に活動が確認されたWannaCryなどの探索活動とは異なる特徴のパケットが見られるという。

送信元IPアドレスは中国が1位で、2位がロシア、3位が米国となっている。ウクライナからのアクセスも増加傾向にあるという。

この活動は、マルウェアに感染したWindows 2003やWindows 2008R2などが行っていることが確認されたとされており、ユーザには脆弱性対策が施された最新版を利用するよう推奨している。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
JPCERTによる発表

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック