PR

米Red Hat、「Red Hat Enterprise Linux 7.6」を発表

2018年11月8日(木)

米Red Hatは10月30日(現地時間)、同社の企業向け Linux OSの最新版、「Red Hat Enterprise Linux 7.6」の提供を開始した。最新系列「Red Hat Enterprise Linux 7」の最新版となる。

「Red Hat Enterprise Linux 7.6」は、2018年4月に提供された「Red Hat Enterprise Linux 7.5」のアップデートリリースに当たる。「Red Hat Enterprise Linux 7.6」では、Red Hat Enterprise LinuxのコンテナOS化を推進するツールキット「Podman(Pod Manager)」の導入など仮想化関係の機能に数多くの機能強化が施されている。その他にも、「eBPF(extended Berkeley Packet Filter)」が採用されモニタリングが強化されるなど、多くのアップデートが図られるなど、複数の機能強化が施されている。一方、「Red Hat Enterprise Linux 7.6」からは「KDE Plasma Workspaces (KDE)」を非推奨扱いに変更し、今後のリリースではKDEはサポートしないとしている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック