PR

SRA OSS、PostgreSQL 11をベースとした「PowerGres V11」を発表

2018年11月23日(金)

SRA OSS 日本支社は11月22日、オープンソースデータベースソフトウェア「PostgreSQL 11」をベースとした「PowerGres V11」を発表した。

「PowerGres V11」は、オープンソースデータベース「PostgreSQL 11」にデータベース操作ツール追加し、商用版としたもの。製品サポートも提供される。今回出荷されるのは、Pシングル構成及びレプリケーション構成が可能な「PowerGres on Windows(Windows向け)」と「PowerGres on Linux(Linux向け)」の2製品。

「PowerGres V11」では、パーティショニングの構築のしやすさと性能が向上したほか、パラレルクエリでインデックススキャンや結合にも対応した。また、データの論理的な変更内容を送信してレプリケーションする「ロジカルレプリケーション」と呼ばれる機能も利用できるようになった。

「PowerGres V11」の価格は、製品価格48,000円に年間契約のサポートサービス価格(1年契約の場合80,000円)を加えたものとなる。製品のみの購入はできずサポート契約が必須となっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
PowerGres

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック