PR

Symantec、旧式のインフラをサイバー攻撃から保護する製品を発表

2018年12月7日(金)

Symantecは12月5日(現地時間)、旧式のインフラストラクチャをサイバー攻撃から保護する製品を発表した。

今回発表されたのは、USBデバイスからマルウェアスキャンを行う「Industrial Control System Protection(ICSP)Neural」。USBデバイスから、人工知能を利用してマルウェアを検知し保護する。この製品は、石油、ガス、製造、輸送など、旧式のシステムを利用している業界に向けたものとしている。このような旧式のシステムでは、USBからシステムのアップデートを行う仕組みになっていることが多いため、USBからマルウェアのスキャンを行う方式が有効だとしている。

 なお、Symantecによると、既存のICSP環境は、スキャンされたUSBデバイスの最大50%がマルウェアに感染していると見積もられるとしている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック