PR

「Linux 4.20」リリース

2018年12月25日(火)

Linux kernelの最新版、「Linux 4.20」が12月23日付(現地時間)でリリースされた。

今回のリリースは、新しい「Linux 4.20」系列の最初のリリース。「Linux 4.20」では、新しいアーキテクチャとして「AMD Picasso APU」「AMD Raven 2 APU」「AMD Vega 20」「Intel Icelake Gen 11」などのGPU、新しいCPUである「Hygon Dhyana」や「C-SKY 32-bit CPU」、ハイエンドSoC「Qualcomm Snapdragon 845 SoC」などを新しくサポートした。機能面では、peer to peerのPCI/PCIeメモリサポートをサポートしたほか、btrfs、F2FS、FUSEなどファイルシステムの強化、メモリ利用の安定化の向上など、さまざまな改善が施されている。

「Linux 4.20」は、gitもしくはkernel.orgからダウンロードできる。

なお、今回のリリースは、Linus Torvalds氏がメンテナーに復帰して初のリリースとなっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
kernel.org
LKML.orgの投稿

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック