PR

Linuxデスクトップ向けアプリケーションパッケージングツール「Flatpak 1.2」リリース

2019年1月31日(木)

 Linuxデスクトップ向けアプリケーションパッケージングツール「Flatpak 1.2.0」が1月28日(現地時間)、リリースされた。

 「Flatpak」は、デスクトップ向けアプリケーションの作成、ディストリビューション化・パッケージングなどを行うフレームワーク。アプリケーション開発環境を備えており、依存性管理機能などを備えている。構築・パッケージ化したアプリケーションは、さまざまなLinuxディストリビューションで利用できる、クロスディストリビューションとなっている。

 「Flatpak 1.2.0」では、CUIの挙動の変更、エクスポート時にアイコンファイルを検証するヘルパーツールの搭載、その他の機能強化・バグ修正が加わっている。

 「Flatpak 1.2.0」は、GitHubから入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Flatpak
GitHub

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

Linuxデスクトップ向けアプリケーションパッケージングツール「Flatpak 1.2」リリース | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。