PR

GNUグラフィック編集ソフト「GIMP 2.10.10」リリース

2019年4月10日(水)

The GIMP Teamは4月7日(現地時間)、GNUのグラフィック編集ソフトウェアGIMPの最新版「GIMP 2.10.10」のリリースを発表した。

GIMPは、Linuxなどに広く採用されているグラフィック編集・加工ソフトウェア。GNU GPLライセンスの下で公開されており、無償で利用できる。なお、対応OSとして、UNIX系OS向けソースコードのほか、Windows版パッケージもリリースされている。

「GIMP 2.10.10」は、最新系列である「2.10」系列のポイントリリース。「GIMP 2.10.10」では、塗りつぶしツールに「線画検出モード」が追加された。この機能によって、完全に閉じていない領域も塗りつぶしができるようになった。その他にもさまざまな強化が加わっている。

「GIMP 2.10.10」は、同チームのWebサイトからソースコード・パッケージを無償でダウンロード・利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースノート

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック