PR

ABEJA、AIを活用したコンタクトセンター向けサービス「ABEJA Insight for Contact Center」を提供開始

2019年5月13日(月)

 ABEJAは5月13日、AIを活用したコンタクトセンター向けサービス「ABEJA Insight for Contact Center」を提供開始した。

 ABEJAは、最新の自然言語処理モデルを活用し、同社が蓄積してきたノウハウを用いて、企業のコンタクトセンターのAIによる自動的な対応レベルを高め、待ち時間の短縮や不要なやりとりの解消につなげていく。

 BERTなどの最新の自然言語処理モデルを現実的なレベルで実装する際には、学習するためのテキストデータ集である「コーパスセット」を大量に用意しなければいけない点や、コーパスセットをモデルに学習させるために膨大な時間をかけて計算しなければならない点が課題とされている。これらの点についてABEJAは、これまで構築してきた「ABEJA Platform」で提供されているアノテーション機能や高い計算処理能力を活用し、迅速に実装できる環境を整えている。ユーザはこれまで社内システムで使ってきた大容量の業務用文章を用意するだけで、高品質なコンタクトセンター向けのAIを構築することが可能になるという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック