PR

Oracle、Red Hat Enterprise Linux 8ベースの「Oracle Linux 8.0」をリリース

2019年7月20日(土)

Oracleは7月18日(現地時間)、Red Hat Enterprise Linux 8.0をベースとしたLinuxディストリビューション、「Oracle Linux 8.0」をリリースした。

「Oracle Linux 8.0」は、Red Hat Enterprise Linux 8.0をベースとし、ドキュメントや商標に関する項目を削除・変更したディストリビューション。Oracle Linuxでは独自の「Unbreakable Enterprise Kernel」と呼ばれる、カスタマイズされたkernelを採用しており、これがデフォルトでのカーネルとなっている。Red Hat互換のカーネルも搭載しており、選択して起動することが可能。

「Oracle Linux 8.0」では、YUMに代わり、DNFをベースとした「Dandified yum」がyumパッケージマネージャとして採用された。その他にもファイルシステム、仮想化、セキュリティその他広範な変更が加わっている。

リリースされたのは、x86版(32ビット)とx86_64版(64ビット)。Oracle Linux 8.0は、Webサイトからダウンロードできる(要ユーザ登録)。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Oracle Linux

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック