PR

JPCERT/CC、「iOS」および「iPadOS」に存在する脆弱性について注意喚起を発表

2019年10月4日(金)

JPCERT/CCは9月30日(現地時間)、iOSおよびiPadOSに脆弱性が発見されたとして注意喚起を発表した。

脆弱性の影響を受けるOSは、 iOS 13.1.1よりも前のバージョンおよびiPadOS 13.1.1よりも前のバージョン。発見された脆弱性は、サードパーティ製アプリのApp Extensionに、サンドボックスによる保護が正しく適用されない危険がある。

なお、iOSについては先日もメンテナンスリリースが発表されたが、今回数日で新しいアップデートが発表されたこととなる。前回のメンテナンスリリースにより「iOS 13.1.2」「iPadOS 13.1.2」にアップデートされており、今回の脆弱性解消によって、新しいバージョン番号になるか、バージョン番号は変更されずにアップデートされるかは発表されいない。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
JVNの記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック