PR

ソフトウェアビルド支援プラットフォーム「Bazel 1.0」リリース

2019年10月23日(水)

 bazel.buildは10月10日(現地時間)、「Bazel 1.0」をリリースした。

 「Bazel」は、ソフトウェアのビルドやテストなどを自動化するツール。Googleが開発で利用していたツールがベースとなっており、Java、C++、Go言語など複数の言語で実装されたコードのビルドやテストが可能。Windows、Mac OS X、Linuxに対応している。

 「Bazel 1.0」では、「genrule」によりWindowsとの相互運用性が強化されたほか、セキュリティ施策としてgRPC接続にデフォルトでTLSを利用するように変更されるなど、複数の変更が加わっている。また、本リリースは「1.x」系列最初のリリースとなっており、従来の「0.x」系列とは互換性のない変更もいくつか加わっているため、旧バージョンの利用者は注意が必要。
 
 「Bazel 1.0」はApache License 2の下で公開されており、Webサイトから無償でダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック