PR

「Fedora 31」 正式リリース

2019年10月30日(水)

Fedora Projectは10月29日(現地時間)、Linuxディストリビューション「Fedora 31」を正式リリースした。

「Fedora 31」では、カーネルにLinux 5.3が採用されているほか、Node.js 12、Perl 5.30、Golang 1.13、GCC 9.2.1、GNU C Library 2.30など最新のコンポーネントが採用され、利用できるようになった。Pythonもバージョン2から3への移行が進んでおり、pythonコマンドはデフォルトでPython 3を指すように変更された。そのほか、RPMパッケージの圧縮がxzからzstdに変更となり、圧縮効率が向上した。このほかにもさまざまな変更やアップデートが施されている。

「Fedora 31」は、デスクトップ向け「Fedora 31 Workstation」、サーバ向け「Fedora 31 Server」のほか、コンテナ向けの「Fedora CoreOS」(プレビュー)、エッジコンピューティング向け「Fedora IoT」、「Fedora Silverblue」といったエディションが提供される。「Fedora 31」は、Webサイトから無償で入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]

リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック