PR

オープンソースのクラウド構築ツールキット「OpenNebula 5.10」リリース

2019年12月1日(日)

OpenNebula Projectは11月27日(現地時間)、クラウド構築ツールキット「OpenNebula 5.10」をリリースした。

「OpenNebula」は、オープンソースのクラウド構築ツールキット。Xen、KVM、VMwareなどの仮想プライベートクラウド技術に対応、Amazon EC2、OGF OCCIなどのクラウドAPIをサポートしている。また、プライベートクラウドとパブリッククラウドを組み合わせて利用できる「ハイブリッドクラウド」もサポートしている。

「OpenNebula 5.10」は、2016年6月にリリースされたOpenNebula 5系列の最新のアップデートリリース。VMWare NSX統合が加わるなどネットワーク周りが強化されたほか、OpenNebula API Hooks Subsystemの一新、モニタリングの機能強化など、複数の機能強化が施されている。

「OpenNebula 5.10」は、Webサイトから無償でダウンロード・利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック