PR

オープンソースのコンテナ管理ツール「Kubernetes 1.17」リリース

2019年12月11日(水)

Googleは12月9日(現地時間)、オープンソースのコンテナ管理ツール「Kubernetes 1.17」をリリースした。

「Kubernetes」は、Dockerコンテナの作成、レプリケーション、管理機能などを搭載し、運用を自動化するツール。複数のコンテナを1つのシステムとして扱うことができる。

「Kubernetes」の技術は、Googleで既に採用されており、Googleのプログラムを実行すると、プログラムはGoogleのコンテナ技術「lmctfy」によって実行される。「Kubernetes」は、その際に、複数のコンテナを作成し、管理を行うツールでもある。

「Kubernetes 1.17」では、クラウドプロバイダラベルが安定扱いとなったほか、Kubernetes Volume Snapshotがbeta扱いとなった。また、CSIマイグレーションにも変更が加わるなど、さまざまな機能強化・拡充が施されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事
GitHub

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック