PR

ファイアウォール向けLinuxディストリビューション「IPFire 2.23 Core Update 139」リリース

2020年1月13日(月)

オープンソースのファイアウォール向けLinuxディストリビューション「IPFire 2.23 Core Update 139」が1月9日(現地時間)、リリースされた。

 「IPFire」はファイアウォール向けLinuxディストリビューション。ルータもしくはプロキシとして利用することで、ファイアウォールを構築することができる。様々な攻撃からの防御機能を備えており、各種ログの取得も可能。

 「IPFire 2.23 Core Update 139」では、搭載されたパッケージがPython 2.7.17、bash 5.0、bind 9.11.13、cpio 2.13、libarchive 3.4.0、logwatch 7.5.2、lz4 1.9.2、openvpn 2.4.8、openssh 8.1p1、squid 4.9、unbound 1.9.5などがアップデートされたほか、IPS(Intrusion Prevention System;不正侵入防御システム)、TLSが強化されるなど、さまざまな強化が加わっている。

 「IPFire 2.23 Core Update 139」は、Webサイトからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック