PR

Let’s Encrypt、一部の証明書を強制的に無効化すると発表

2020年3月4日(水)

Let’s Encryptは3月3日(現地時間)、2020年3月4日00時00分(UTC)から一部の証明書を強制的に無効化すると発表した。

今回の措置は、CAA再チェック機構に不具合があったことが原因で採られる。Let’s Encryptで現在アクティブとなっている証明書は約1億1600万個あり、このうち305万個弱の証明書が強制的に無効化される。

影響を受けるLet’s Encrypt証明書のデータはWebサイトに公開されている。サーバで使用している証明書のシリアル番号は、opensslコマンドを利用することで参照できる。また、Let’s Encryptは、今回の問題に該当しているユーザには電子メールで通知を行ったという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

Let’s Encrypt、一部の証明書を強制的に無効化すると発表 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。