PR

ScalaのコードをJavaScriptのコードに変換する「Scala.js 1.0」リリース

2020年3月9日(月)

 Scala.jsは2月25日、正式版となる「Scala.js 1.0」をリリースした。

 「Scala.js」は、Scalaで書かれたコードをJavaScriptに変換するツールセット。ブラウザやJavaScriptランタイムなどで実行できるコードに変換することができる。Scalaの特徴は強力な型付け機能を持っていることにあり、型付け機能によってその特徴をWebアプリケーション開発などに生かすことができるという。

 「Scala.js 1.0」はApache License 2の下で公開されており、Web版は公式サイトで利用できる。なお、後方互換性は失われているため、「Scala 0.6系列」などのユーザは注意が必要。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック