PR

Microsoft、「Microsoft SQL Server 2019 CU3」をLinuxおよびコンテナに対応させたと発表

2020年3月21日(土)

 Microsoftは3月17日、「Microsoft SQL Server 2019 CU3」がLinuxおよびコンテナに対応したと発表した。

 「Microsoft SQL Server 2019 CU3」が対応したのは、「Ubuntu 18.04」および「Ubuntu 18.04ベースコンテナ」、「SUSE Linux Enterprise Server 12 SP5」。Microsoftは、SQL ServerのプラットフォームをWindowsだけでなくLinuxへも広げており、SQL ServerをLinuxに対応させることで、SQL Serverのシェアを広げる構え。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック