PR

Microsoft、インテリジェントライティングアシスト機能を備えた「Microsoft Editor」を発表

2020年4月5日(日)

Microsoftは3月30日(現地時間)、インテリジェントライティングアシスト機能を備えた「Microsoft Editor」を発表した。

「Microsoft Editor」の機能は、Word、Word for the web、Outlook.com、Outlook for the web、Webブラウザなどで提供される。Webブラウザでは拡張機能をインストールすることで利用可能となる。

「Microsoft Editor」は人工知能技術のアシスト機能を利用し、文章全体で校正が実施され、利用する単語の別候補を表示したり、よりよい表現を提案したりといった機能を利用できる。最初はフル機能は英語のみの提供となる。

「Microsoft Editor」は3月30日(現地時間)からサービスの提供が開始され、一般公開は2020年4月末が予定されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック