PR

「LXD/LXC/LXCFS 4」リリース

2020年4月5日(日)

 Linux Containersは3月31日、システムコンテナ「LXD」、LXDの関連技術「LXC」「LXCFS」バージョン4.0をリリースした。

 「LXD」はシステムコンテナおよび仮想マシンマネージャ。「LXC」はCで実装された、システムコンテナとアプリケーションコンテナの双方に対応したコンテナランタイム。「LXD/LXC/LXCFS 4」は、2025年6月までサポートが提供される予定の長期サポート版(LTS)。

 「LXD 4.0」では、仮想マシンのバックアップが強化されたほか、複数のipvlanデバイスが利用できるようになるなどの強化が施された。「LXC 4.0」ではcgroup2がフルサポートされたほか、コンテナで呼び出されたシステムコールをインターセプトする機構も導入されるなど、複数の機能強化が施された。

 「LXD /LXC/LXCFS 4.0」は、Webサイトから入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Linux Containers

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック