PR

「Jupyter Book」の最新版リリース

2020年8月14日(金)

 「Jupyter Book」プロジェクトは8月13日、最新のJupiter Bookを発表した。ブック作成でJekyllに代わってSphinxを用いるようになるなど、多数の変更が加わっている。

 「Jupyter Book」は、さまざまな演算解析コンテンツをベースとして、文書、Webサイトから書籍まで構築することができるオープンソースのプロジェクト。Python向けのノートブックとして広く利用されている。

 「Jupyter Book」の最新リリースでは、ブックの作成においてJekyllの代替に「Sphinx」エンジンが採用された。また、単一のリポジトリから複数のモジュラーツール構成を取るようになるなど、さまざまな機能強化が図られているほか、ビルドシステムにも改良が加わっている。

 「Jupyter Book」は、Webサイトから入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
GitHub
jupyterbook.org

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック