PR

KDEベースの統合開発環境「KDevelop 5.6」リリース

2020年9月10日(木)

KDE Development Enviromentは9月7日(現地時間)、KDEベースの統合開発環境「KDevelop 5.6」をリリースした。

KDevelopは、LinuxなどUNIX系OSにおける統合開発環境 (IDE)。GPLライセンスの下で提供されており、無償で入手・利用できる。Linuxのほか、Solaris、FreeBSD、Windowsなどをサポートしている。また、プレビュー版がWindowsおよびMac OS Xで利用できるようになっている。

KDevelopは、Ada、Bash、C、C++、FORTRAN、Java、Pascal、Perl、PHP、Python、Ruby、SQL など、多数の言語をサポートしている。KDevelopでは、kateなどの組み込みのテキストエディタコンポーネントを採用しており、コンパイラには外部のGNUコンパイラなどを使う。

「KDevelop 5.6」では、C++、PHP、Pythonの3言語のサポートが強化された。また、「インラインノート」で行の右側に問題の概略が表示されるようになったほか、「CMakeManager::fileInformation」がチューニングされる、「CMake」においてQt 5.9でのテストリンカのエラーが修正されるなど、多数の機能・安定性向上強化が加わった。

 C++、PHP、Pythonの3言語のサポートも強化し、PythonはC++解析エンジンがclangに変更となったほか、診断機能の更新など、いくつかの機能改善とバグフィクスが施されている。

「KDevelop 5.6」は、Webサイトから入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック