PR

致命的な脆弱性を修正した「Python 3.7.9/3.6.12」リリース

2020年8月19日(水)

Python Software Foundationは8月17日(現地時間)、オープンソースのスクリプト言語であるPython 3.2系列の最新版「Python 3.7.9/3.6.12」をリリースした。

「Python」は、UNIX系OS、Mac OS、Windowsで動作するオブジェクト指向のスクリプト言語。Cライクな構文が採用されており、豊富なライブラリが用意されている。

「Python 3.7系列」は、セキュリティ脆弱性の修正のみが提供されている系列。「Python 3.7.9」では、4件の脆弱性が解消されているが、このうち「CVE-2020-15801」は深刻度が“Critical”となっており、ユーザはアップグレードが強く推奨される。なお、「Python 3.7」系列は本来はソースコードのみの提供であり、バイナリは提供されないが、今回はインストーラにも関係する脆弱性の修正が施されたため、特別にWindows/Mac OS X版のインストーラが提供されている。一方、「Python 3.6.12」では3件の脆弱性が修正されており、ソースコードのみの提供となる。

「Python 3.7.9/3.6.12」は、Webサイトから無償でダウンロード・入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Python 3.7.9

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック