PR

Moxa、AI・IoTコンピューティングに対応する堅牢な世界最小クラスのエッジコンピュータ「MC-1220シリーズ」を発表

2020年8月26日(水)

Moxaは8月6日(現地時間)、過酷な環境でAI・IoTコンピューティングに対応する堅牢な超小型エッジ・コンピュータ「MC-1220シリーズ」を発表した。

今回発表された「MC-1220シリーズ」は、堅牢なエッジ・コンピュータで、Intel Core i7/i5/i3プロセッサと複数の拡張インターフェースが搭載されている。拡張インターフェースにはVPUなどのハードウェア・アクセラレータを組み込むことができ、AI・IoTアプリケーション開発のためのIntel OpenVINOツールキットをサポートしている。このコンピュータは、堅牢なコンピューティング・プラットフォーム構築に関するMoxaの専門知識に基づいて設計されており、広い動作温度範囲での使用が可能で、屋外や危険な環境での設置に関するC1D2/ATEX Zone 2認証を取得している。さらに、このコンピュータはファンを必要としない超小型設計で、Core i7プロセッサを搭載した産業用コンピュータでは世界最小クラス(高134 x 幅60.4 x 奥120 mm)となっている。また、複数のWi-Fi/セルラー接続オプションをサポートしているため、ワイヤレス・ゲートウェイを新たに追加する必要がない。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
製品情報

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック