PR

アットマークテクノ、省電力IoTゲートウェイの新版「Armadillo-IoTゲートウェイA6E」、太陽光パネルと蓄電池で運用可能

2022年8月1日(月)

アットマークテクノは7月26日、太陽光パネルと蓄電池で運用可能な省電力IoTゲートウェイの新シリーズ「Armadillo-IoTゲートウェイA6E」を発表した。

2021年3月にリリースされた「Armadillo-IoTゲートウェイA6」は、商用電源がない環境でも、太陽光パネルと蓄電池で運用可能な間欠動作するIoTゲートウェイとして発売された。今回発表された「A6E」は、この「A6」の技術をベースに、より実用的に技術を進化させた新シリーズとなっている。ソフトウェアアップデート機能が標準化されたArmadillo Base OSを採用しており、長期運用でも採用可能。

「A6E」では、「A6」に搭載されていたLAN、USB2.0のインターフェースに加えて、多くの事例で利用されているRS485シリアル通信(半二重)、接点入力2ch、接点出力2chを標準搭載した。また、筐体内の基板には更なる拡張インターフェース(UART/GPIO/I2C/SPI/CAN/PWM/他)が用意されており、幅広い目的に沿った拡張をすることができる。また、LinuxをベースとしたArmadillo Base OSによって、コンパクトでセキュリティリスクが抑えられたコンテナアーキテクチャが利用可能。

本製品は「Cat.M1モデル」の開発セットが10月から36,300円(税込)で販売される予定。これ以降、「LANモデル」「Cat.1モデル」が順次リリースされる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る