PR

東北大学、新しいスーパーコンピュータ「AOBA」を運用開始

2020年10月3日(土)

東北大学サイバーサイエンスセンターは9月28日、新しいスーパーコンピュータ「AOBA」を10月1日から運用開始すると発表した。

 「AOBA」の総演算性能は1.8 Pflop/sで、前システムの2.4倍の性能に当たる。「AOBA」は、高い実効性能を実現する技術として、世界的には異端児ともいえるベクトル型のスーパーコンピュータを採用している。また、これまでのベクトルコンピュータは特殊な利用方法が前提となってきたが、今回の「AOBA」では他のスーパーコンピュータと同様の標準的な利用方法となっている。その結果、データ駆動科学やAIなどの新しい応用分野への利用範囲の拡大も期待されるほか、緊急時には減災のための社会基盤として機能するとしている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック