PR

伊藤忠テクノソリューションズ、コンテナ型仮想化の活用サービス「C-Native」を提供開始

2020年10月5日(月)

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は10月1日、コンテナ型仮想化の導入や移行、有効利用や運用支援などをパッケージ化した活用支援サービス「C-Native」提供したと発表した。

「C-Native」は、コンテナ型仮想化の技術について、導入や移行、有効利用や運用支援などをパッケージ化したサービス。コンテナの導入にあたり、既存のアプリケーションやシステムの状況のアセスメント、システム環境の設計や構築、既存システムとの連携、運用の設計や継続的な改善などの支援サービスをワンストップで提供する。また、社内のシステムと一般的なパブリッククラウドとの連携も行うことで、既存アプリケーションのクラウドネイティブ化も行う。

「C-Native」は、Red Hat のコンテナ管理プラットフォーム「Red Hat OpenShift」を利用している。「Red Hat OpenShift」は、コンテナの構成管理や自動化の機能を備えたオープンソースソフトウェア「Kubernetes」をベースに、開発や運用に関する企業向けの機能が追加されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
製品情報

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る