PR

レッドハット、テクノロジーパートナーとの協業により、OpenStack製品のベストプラクティスを日本市場に提供

2015年1月21日(水)

レッドハットは1月19日、11社のテクノロジーパートナーと協業して、日本のユーザー企業へOpenStackソリューションを提供することを発表した。このソリューションは2014年5月発表のOpenStackアライアンスパートナーからの支援サービスに加え、新たにテクノロジーパートナーからのレファレンスアーキテクチャが加わったものになる。

レッドハットは、商用OpenStack導入のための世界最大のエコシステムを持ち、OpenStackコミュニティにおいて最も貢献している企業。2013年にRed Hat OpenStack Cloud Infrastructure Partner Networkを発表したが、現在まで1000以上のハードウェア・ソフトウェアが認定されサービスが可能となり、商用OpenStackソリューションとしてRed Hat Certifiedカタログに登録されている。この認定により、テクノロジーパートナーによって、各社のソリューションとOpenStackやRed Hat Enterprise OpenStack Platformを含むRed Hat製品が一貫性のあるパフォーマンスを発揮し、互換性があることが検証された。テクノロジーパートナーは、これらのソリューションをユーザー企業に対して提供するために、レッドハットと緊密に連携していく。

今回、レファレンスアーキテクチャの提供を開始するテクノロジーパートナーは、 6WIND、A10ネットワークス、Cloudera、F5ネットワークスジャパン、エンタープライズDB、ジュニパーネットワークス、ニュアージュ・ネットワークス、ネットアップ、ブロケード コミュニケーションズ システムズ、ホートンワークス・ジャパン、ミドクラジャパン。

今回の発表は、日本市場におけるレッドハットのOpenStackのベストプラクティスをプロモートするイニシアチブのはじまりとなる。これにより、ユーザー企業がニーズに合致したソリューション構成を選択する際の手助けとなる。これらのベストプラクティスは、Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform上でのクラウド環境構築に関する支援サービスに加え、日本におけるハードウェア・ソフトウェアパートナーの認定ソリューションが含まれる。Red Hat Enterprise Linux OpenStack PlatformのアライアンスパートナーとレッドハットによるOpenStack支援サービスに加えて、Red Hatの幅広い認定ソリューションのカタログとレファレンスアーキテクチャを活用することで、ユーザー企業はOpenStackの検討と導入が、迅速かつ低コストに実施できるようになる。

なお、Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platformのソフトウェアサブスクリプションおよび支援サービスは、レッドハットおよび、アライアンスパートナーの伊藤忠テクノソリューションズ、サイオステクノロジー、シスコシステムズ、新日鉄住金ソリューションズ、TIS、デル、日商エレクトロニクス(2015年1月追加)、日本アイ・ビー・エム、日本電気、日本ヒューレット・パッカード、ネットワンシステムズ、日立製作所、富士通、ユニアデックスを通じてユーザー企業に提供される。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています