PR

NTTコムウェア、画像認識AI「Deeptector」の新バージョン提供開始

2020年10月21日(水)

 NTTコムウェアは10月13日、画像認識AI「Deeptector」について、アーキテクチャを刷新し、新たな判定パターン「領域検出型」を搭載した新バージョンを提供開始すると発表した。

 NTTコムウェアは、画像認識AIにおいて、セグメンテーション技術の検証を進め、高い精度や作業の効率化を実現するとともに、簡単にAIを作ることをサポートする「Deeptector」を提供してきた。今回、新たな判定パターンを加え、クライアントツールの判定精度可視化機能を充実化し、新たなサービスメニューとして「領域検出型」の提供を開始する。

 新版の「Deeptector」では、コンテナ技術を活用し、基盤アーキテクチャを刷新している。コンテナ活用による開発サイクルの短縮に加え、標準提供のDeep Learningエンジンのほかに、業務課題に最適なエンジンやユーザが独自に開発したエンジンの追加・変更が容易に実施できる。また、API共通化により、エンジンを変更した際もアプリケーションの変更は不要となる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス
Deeptector

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック