PR

Arcserve Japan、バックアップ・リカバリーソリューションの最新版「Arcserve Unified Data Protection 8.1(Arcserve UDP 8.1)」を発表

2021年9月15日(水)

Arcserve Japanは9月13日、バックアップ・リカバリーソリューションの最新版「Arcserve Unified Data Protection 8.1(Arcserve UDP 8.1)」を販売開始した。出荷開始は9月15日。

 「Arcserve UDP」は、仮想・物理の混在する複雑な環境にも対応する次世代の統合バックアップ・リカバリソフトウェア。災害対策などの機能を標準で利用でき、各種クラウドサービスにも対応している。

 「Kotlin 1.5.30」ではArcserve UDP コンソールの多要素認証(MFA)に対応したほか、Wasabi HotクラウドストレージおよびNutanix Objectsのオブジェクトロック対応、CentOS 8.xベースのカスタムLive CD、レポート機能強化となっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック