PR

SRA OSS、PostgreSQL 13をベースとした「PowerGres V13」を発表

2021年10月20日(水)

SRA OSS 日本支社は10月15日、オープンソースデータベースソフトウェア「PostgreSQL 13」をベースとした「PowerGres V13」を発表した。

「PowerGres V13」は、オープンソースデータベース「PostgreSQL 13」にデータベース操作ツール追加し、商用版としたもの。製品サポートも提供される。今回出荷されるのは、Pシングル構成及びレプリケーション構成が可能な「PowerGres on Windows(Windows向け)」と「PowerGres on Linux(Linux向け)」の2製品。

「PowerGres V13」では、重複排除などのB Treeインデックスの改善によっていくつかのケースで検索性能が向上したほか、多数のパーティションへのデータロードの改善、パラレルバキュームなど、いくつかの機能強化が加わっている。

「PowerGres V13」の価格は、製品価格48,000円(税別)に年間契約のサポートサービス価格(1年契約の場合80,000円)を加えたものとなる。製品のみの購入はできずサポート契約が必須となっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
PowerGres

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る