PR

LPI-Japan、OpenStackの技術力を認定する「OPCEL Ver.3.0」を発表

2021年11月7日(日)

 LPI-Japanは11月1日、OpenStack の技術力を認定する「OPCEL認定試験」の新版、「OPCEL Ver.3.0」を発表した。11月1日より受験可能となっている。

「OPCEL認定試験」の初版リリースから6年を経て、「OpenStack」は安定運用のフェーズに入っている。DXの促進に伴い、AI、IoT、5Gなどにより処理データ量も急速に増大している現状に対応するため、OpenStackの安定したCore技術に加え、データ処理性能向上のためのアクセラレータ、コンテナの利点を利用したデプロイメントなど安定運用を支える要素を加味して改定を行った。

改定の内容は以下の通り。
〇対応OpenStackバージョンの変更
〇コンポーネントの追加(CyborgおよびKolla)
〇openstack CLIに統一
〇Placementの位置づけの明確化
〇モニタリング(Ceilometer) の削除
〇重要度の見直し

なお、「OPCEL Ver.3.0」のリリース後1年間(2022年10月31日まで)は、旧バージョンである「OPCEL Ver.2.0」も受験できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス
Ver.2とVer.3の差分(pdf)

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る