PR

Netgearが提供する複数のネットワーク製品にバッファオーバーフローの脆弱性が存在すると発表

2021年11月23日(火)

 Netgearは、同社が提供している複数のネットワーク製品にバッファオーバーフローの脆弱性が存在すると発表した。

この脆弱性は、CVE-2021-34991として報告されているもの。ファームウェア内の「upnpd」に存在しており、スタックバッファがオーバーフローを起こす危険がある。これを悪用されると、対象のデバイスで任意のコードを実行されるなどの被害を受けるおそれがあるという。。

対象となる製品は同社のWebサイトに掲載されている。Netgearは、修正版のファームウェアをリリースしており、ユーザはアップデートを施すことが強く推奨される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
注意喚起本文(Netgear)

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る