PR

オープンソース仮想化プラットフォーム「Proxmox Virtual Environment 7.1」リリース

2021年11月24日(水)

 Proxmox Virtual Environmentは11月17日(現地時間)、オープンソース仮想化プラットフォーム「Proxmox Virtual Environment(VE) 7.1」を公開した。

 Proxmox Virtual Environmentは、Debian GNU/Linuxをベースとし、KVMハイパーバイザ、LXC コンテナ、ソフトウェア定義のストレージとネットワーキング機能を単一のプラットフォームに統合し、高可用性クラスタと災害復旧ツールをWeb管理インターフェースで管理することができるオープンソースプラットフォーム。「Proxmox Virtual Environment 7.1」は、「Debian 11.1」をベースとし、カーネルを「Linux 5.13」にアップグレードしている。搭載するソフトウェアも「QEMU 6.1」、「LXC 4.0」、「Ceph 16.2.6」、「OpenZFS 2.1」など最新版となっている。その他にも仮想マシンで「Windows 11」をサポートした。バックアップスケジューラも一新され柔軟性が増すなど、さまざまな機能強化、変更が加わっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Proxmox Virtual Environment

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る