PR

UNIXカーネルサービスシステム「GNU Hurd 0.7」リリース

2015年11月4日(水)

GNU.orgは10月31日(現地時間)、独自のUNIXカーネルサービスシステム「GNU Hurd 0.7」をリリースした。

GNU Hurdは16年ぶりに公開された前バージョンから約1年半での新版リリースとなる。コードの整理やバグ修正が行われているとのこと。

GNU Hurdは、マイクロカーネルであるMach、および、Mach上で動作するサーバ群の「Hurd」によって、カーネルと同等のサービスを提供する。シンプルなシステムの提供を目指している。

「GNU Hurd 0.7」がサポートしているアーキテクチャは、x86(32bit)のみ(x86_64版は開発中)。rpcscanという、Machサーバをスキャンするツールをサポートするなどの変更が加わっている。

GNU Hurd 0.7は、Webサイトから入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています