PR

オープンソースの分散型データベース管理システム「Apache Cassandra 3.0」リリース

2015年11月12日(木)

Apache Software Foundationは11月10日(現地時間)、Apache Cassandraの最新版、「Apache Cassandra 3.0」をリリースした。

Apache Cassandraは、Facebook社によって大規模データを扱うために開発された分散型データベース管理システム。2008年7月にオープンソース化され、2009年にASFに寄贈された。Cassandraは、複数拠点間でのデータの複製やキャッシュなどの機能も持つ。

「Apache Cassandra 3.0」では、「materialized views」をサポートした点が大きな変更点。その他、Cassandra Query Language(CQL)に複数の変更が施されるなど、いくつかの機能強化・変更が施されている。

「Apache Cassandra 3.0」では、Webサイトから入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Change Log

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

オープンソースの分散型データベース管理システム「Apache Cassandra 3.0」リリース | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。