PR

「BIND 9」に深刻な脆弱性、修正版がリリース

2015年12月16日(水)

DNSサーバBINDに、深刻度「重大(critical)」および「中度(mediumu)」となる脆弱性が発見された。この脆弱性は、CVE-2015-8000およびCVE-2015-8461にて指摘されている。

この脆弱性は、不正なDNS応答を拒否する処理に存在する不具合に起因する。不正なクラスを持つ応答がキャッシュされることで、namedが異常終了を起こす障害が発生するため、DNSサービスの停止が発生する危険性がある。本脆弱性を利用した攻撃は、リモートからも可能であるため、非常に危険であるとしている。

対象となるバージョンは、ISC BIND 9.0.x以降の全バージョン。

ISCは、この脆弱性を修正した「BIND 9.9.8-P2」「BIND 9.10.3-P2」をリリース。ユーザは早期のアップグレードが推奨される。なお、BIND 9.8系列およびそれ以前の系列はサポート終了となっているため、系列のアップグレードが推奨される。

修正されたバージョンのISC BINDおよびISC DHCPは、Webサイトから無償で入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
JPRSによるアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック