PR

Kaspersky Lab、Microsoft Outlookに「メールを開いていないのにマルウェアなどに感染する不具合」に関する注意喚起

2016年1月5日(火)

Kaspersky Labは1月5日、Microsoft Outlookに「メールを開いていないのにマルウェアなどに感染する不具合」が存在すると発表した。

この脆弱性は、MS Officeファイルに搭載されている、オブジェクトを埋め込むことができる技術に由来する。この技術はOutlookのメールにも利用でき、埋め込み可能なオブジェクトにはAdobe Flashオブジェクトなども含まれる。そして、Outlookはユーザよりも先に新着メールを開いてしまうため、悪意のあるエクスプロイトが添付されたメールが新着メールとして受信トレイに存在すると、Outlookの起動と同時にそのメールが実行されてしまうという。

この脆弱性は「BadWinmail」と命名されており、2015年12月8日に修正されているが、ソフトウェアをアップデートしていない場合はこの脆弱性が残ったままということになる。Outlookユーザは早急なアップデートが推奨される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内