PR

Kaspersky Lab、Sambaの脆弱性を悪用したマルウェア「SambaCry」に関する注意喚起を発表

2017年6月14日(水)

Kaspersky Labは6月9日(現地時間)、Sambaの脆弱性を悪用したマルウェア「SambaCry」に関する注意喚起を発表した。

「SambaCry」は、Sambaの脆弱性を悪用して感染を拡大させるマルウェアで、リモートから感染する危険もある。このマルウェアが悪用する脆弱性は、「Samba 3.5」以降の全バージョンについて既に修正パッチが提供されているが、サポートが終了しているバージョンはアップデートが提供されていない。「SambaCry」は、現在でも古いバージョンのSambaを介して感染が拡大しているとして、管理者に注意を呼び掛けている。また、SambaCryはマイニングだけでなく、今後他の用途に悪用される危険もあるとしている。

古いバージョンのSambaのユーザには、サポートが提供されているバージョンにアップグレードすることが強く推奨されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
記事本文

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック