PR

Kaspersky Lab、「Trojan.AndroidOS.Switcher」と呼ばれるAndroidマルウェアについて注意喚起を発表

2017年1月10日(火)

Kaspersky Labは2016年12月28日(現地時間)、「Trojan.AndroidOS.Switcher」と呼ばれるAndroidマルウェアについて注意喚起を行った。

「Trojan.AndroidOS.Switcher」は、モバイルアプリを偽装し、ルータを踏み台にしてネットワーク全体を乗っ取るという。攻撃対象はユーザではなく、そのユーザのAndroidデバイスが接続しているWi-Fiネットワークが攻撃対象となっている。このマルウェアは、よく利用されているアカウントでWi-Fiルータへの侵入を試み、侵入に成功するとルータのDNSの設定を勝手に書き換えてしまう。これによってルータは偽のDNSサーバにクエリが行ってしまうという「DNSハイジャック」の被害を受ける。

なお、このとき利用されるDNSサーバには「101.200.147.153」「112.33.13.11」「120.76.249.59」があり、ルータがこのDNSを参照している場合は感染を疑うべきとされる。

Androidのルータは、デフォルトのアカウントからパスワード、可能ならばユーザ名も変更しておくことが望まれる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック