PR

Ars Technica、IPv6の展開率が約10%に到達したと発表、2015年に4%進行

2016年1月6日(水)

Ars Technicaは1月3日(現地時間)、IPv6がRFCに登録(1995年12月)されてから20周年を迎え、IPv6の展開率が9.98%に達したと発表した。

IPv6の展開率は、IPv4のアドレスがほとんどの地域で枯渇した現状を踏まえると、当初の想定よりも進んでいないとしている。一方で、2015年初旬にはIPv6の展開率が6%以下であり、2015年の1年間に4%程度進行したことになる。

なお、Googleの発表によると、国別の展開率はベルギーの43%が最多であり、米国は25%程度としている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
「IPv6 celebrates its 20th birthday by reaching 10 percent deployment」

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック