PR

プライバシー保護に注力したLinuxディストリビューション「Tails 2.0」リリース

2016年2月2日(火)

Tails Teamは1月26日(現地時間)、ユーザのプライバシー保護施策を多数施したLinuxディストリビューション「Tails 2.0」をリリースした。

Tailsは「The Amnesic Incognito Live System」の略で、USBメモリ、SDカード、DVDなどから起動できるLinuxディストリビューション。TorやI2Pによって匿名でWebブラウジングができるほか、コンピュータに利用の痕跡を残すこともない。ファイルの暗号化機能も搭載している。

「Tails 2.0」では、Debian 8をベースとしており、デスクトップ環境に「GNOME Classic 3.14」を採用した。その他にも新しいソフトウェアが採用されたほか、systemdとinitに改良を加え、セキュリティを強化した。

「Tails 2.0」は、Webサイトからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Tails
ニュースリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

プライバシー保護に注力したLinuxディストリビューション「Tails 2.0」リリース | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。