PR

MariaDB、オープンソースのビックデータ分析エンジン「MariaDB ColumnStore」を発表

2016年4月8日(金)

MariaDBは4月5日(現地時間)、ビックデータ分析エンジン「MariaDB ColumnStore」を発表した。

「MariaDB ColumnStore」は、「InfiniDB」派生のものをベースとした、トランザクション処理と分析の両方を実行できるエンジン。リアルタイム処理、バッチ処理、演算処理などの用途が想定されている。ライセンスはGPLv2。ベータ版が5月にリリースされる予定。

MariaDBは同時に、MariaDB向けゲートウェイ「MariaDB MaxScale」に、データストリーミング機能を追加したことを発表した。これによって、MariaDBのトランザクションを、Hadoopなど別のデータストアにリアルタイムでレプリケーションできるようになる。

MariaDBは、今回発表した技術によって、厳しい要件が求められるアナリティクス処理に対して、全体論的なアプローチで臨むことができるようになり、ビッグデータに対するコストを抑えることができるとしている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
MariaDB ColumnStore

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック