PR

Mozilla、OSSのセキュリティ施策を支援する「Secure Open Source」プログラムを発表

2016年6月12日(日)

Mozillaは6月9日(現地時間)、OSSのセキュリティ施策を支援する「Secure Open Source」プログラムを発表した。

「Secure Open Source(略称SOS)」は、Mozillaの「Mozilla Open Source Support(MOSS)」プログラムの一環として行われる。SOSは、たとえばOpenSSLの脆弱性「Heartbleed」などの深刻なセキュリティ問題が起こったにも関わらず、サポートが不十分であるという現状を踏まえ、OSSを安全に利用するためのサポートを提供することが目標となる。具体的には、オープンソースのライブラリやプログラムの監査を行い、セキュリティ問題への対応を支援する。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る