PR

Mozilla、OSSのセキュリティ施策を支援する「Secure Open Source」プログラムを発表

2016年6月12日(日)

Mozillaは6月9日(現地時間)、OSSのセキュリティ施策を支援する「Secure Open Source」プログラムを発表した。

「Secure Open Source(略称SOS)」は、Mozillaの「Mozilla Open Source Support(MOSS)」プログラムの一環として行われる。SOSは、たとえばOpenSSLの脆弱性「Heartbleed」などの深刻なセキュリティ問題が起こったにも関わらず、サポートが不十分であるという現状を踏まえ、OSSを安全に利用するためのサポートを提供することが目標となる。具体的には、オープンソースのライブラリやプログラムの監査を行い、セキュリティ問題への対応を支援する。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック